税理士の受験概要

税理士
受験資格 1、学識
☆大学・短大卒業者…法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部(法学部、経済学部、商学部、経営学部)を卒業した者、またはその他の学部を卒業し、一般教育科目等において、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
☆大学生…3年次以上の学生で、法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者、または法律学又は経済学に属する科目を含め36単位以上を取得した者(ただし、外国語及び保健体育科目を除き、最低24単位の一般教育科目が必要)
☆専修学校卒業、在学生…専門課程(修業年限が2年以上、さらに課程の修了に必要な総授業数が1,700時間以上)を修了した者等で、これらの専修学校等において法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
☆司法試験第二次試験合格者
2、資格
☆日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
☆社)全国経理学校協会主催簿記能力検定試験上級合格者(昭和58年度以降の合格者に限る。)
☆会計士補
☆会計士補となる資格を有する者
3、職歴
※以下の職種に3年以上の従事経験がある者星☆弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務
☆法人又は事業を営む個人の会計に関する事務
☆税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
☆税務官公署における事務又はその他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務
4、認定
国税審議会により受験資格に関して個別認定を受けた者
受験内容 ☆会計学(簿記論及び財務諸表論の2科目必須)
☆税法(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税の9科目のうち3科目選択。ただし、所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択。)
受験地 札幌、仙台、さいたま、川越、東京、名古屋、金沢、大阪、京都、広島、高松、福岡、熊本、那覇
受験日程 例年7月下旬~8月上旬(平成17年度…8月2日~4日)
受験料 1科目…3,500円
2科目…4,500円
3科目…5,500円
4科目…6,500円
5科目…7,500円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 国税審議会
TEL:(代)03(3581)4161(内線)3634
合格発表日 12月中旬頃(平成17年度…12月9日)
コメント まず受験資格を満たすだけでもある程度の年月が必要になる。独立開業税理士の年収は平均900万前後。資格を取得し、実力をつければ高収入がねらえる業種といえる。しかし、ほとんど収入を得られない人、逆に1億以上(!)も稼ぐ人もいるという実力勝負の世界でもある。
試験は科目合格制で、一度にすべて受ける必要はなく、一科目ずつ受験してもよい。一年に一科目づつ挑戦し、計画的に資格取得を目指すことも可能だ。
主な業務は税の申告、不服申し立てなど、税に関する事柄を企業に代わって行うこと。また、それらの業務を通じて信頼を得た税理士のなかには、会計顧問や経営コンサルタントとして企業に重宝されることもある。最近はITやOA技術の進歩で税務での負担が減ってきたこともあり、より多方面で活躍する税理士が増えている。
関連ホームページ 国税庁
通信講座・通信教育・専門学校の無料資料請求
こちら
>>>  【ダイエックス】税理士
備考2 0



資格取得の道は資料請求から