国家公務員Ⅲ種の受験概要

国家公務員Ⅲ種
受験資格 税務…受験年の4月1日で17歳以上20歳未満の者。
その他…受験年の4月1日で17歳以上21歳未満の者。
受験内容 ☆一次試験(選択式)…①教養試験 ②適正試験 ③作文試験 ④専門試験
☆二次試験…①人物試験②身体検査(税務のみ)
(以下の科目の中から1つを選択し受験します。)
①行政事務、②税務、③電気・情報、④機械、⑤土木、⑥建築、⑦化学 ⑧農業、⑨農業土木、⑩林業
※地域によっては実施しない区分があります。
受験地 ☆一次試験…都道府県庁所在地含む全国62箇所
☆二次試験…札幌から那覇まで全国49都市
受験日程 ☆一次試験…9月上旬頃(9月3日)
☆二次試験…10月中旬~下旬の指定された日 身体検査も同日(10月12日~10月19日) ※()内は平成18年度実施日
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 人事院各地方事務局
・北海道事務局…(011)241-1248 ・東北事務局…(022)221-2022 
・関東事務局…(048)740-2006~8・中部事務局…(052)961-6838 ・近畿事務局…(06)4796-2191
 ・中国事務局…(082)228-1183 ・四国事務局…(087)831-4765 
・九州事務局…(092)431-7733 ・沖縄事務所…(098)834-8400
合格発表日 ☆一次試験…10月上旬ごろ(10月5日)
☆二次試験…11月上旬ごろ(11月9日)
※()内は平成18年度実施日
コメント 高校卒業者を対象とした試験で、Ⅰ種、Ⅱ種と違い17歳から受験できる。しかし、最近は公務員人気が高いこともあり、大卒、大学院修了者等の受験が増えており、難易度は上昇傾向にある。
受験時の選択区分にしたがって、各省庁で事務、技術的業務などに従事する各分野のスペシャリストとして働いていく。Ⅰ種、Ⅱ種同様、試験合格が即採用ではなく、まず採用候補となり、本人の希望などを考慮し、面接などを経て採用になる。その際、地方の出先機関によって採用される場合が多い。
年々仕事の幅が拡がり、女性の進出も増え、今後ますます有望な職種といえよう。
関連ホームページ 人事院
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から