経済協力開発機構職員

経済協力開発機構職員
受験資格 65歳未満で、OECD加盟国の国籍を持つ者。
また、応募する職種に関連する分野で修士号以上を持ち、さらに3年以上の実務経験がある者。
英語、フランス語のどちらかで職務を遂行できる者。
IT知識を持つ者。
受験内容
受験地 フランス(パリ)
受験日程 不定期
受験料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) OECD東京センター
TEL:03-5532-0021  
合格発表日 不定期
コメント OECD(経済協力開発機構)は、パリに本部を置き、06年2月現在で30ヶ国が加盟する国際機関である。加盟国、あるいは途上国の経済成長、生活水準の向上などを目標に幅広い活動を行っている。また、環境問題や科学技術の分野等にも取組み始め、幅広い活躍が期待されている。
現在は約760名の職員が働き、うち日本人は50名ほどである。職員は翻訳、通訳など言語関係を専門とするLグレードと経済や貿易、金融・財政、社会問題などに携わるAグレードに分かれている。定期的な採用は行っておらず、欠員が出たときのみ募集を行う。欠員・募集情報はホームページで公表している。
世界の経済に貢献する大義ある仕事だが、募集人数、回数とも少なく、また対策も立てづらいので、合格は難しいといわざるを得ない。
関連ホームページ OECD東京センター
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から