日本郵政公社職員採用試験

日本郵政公社職員採用試験
受験資格 1. 21歳以上33歳未満の方
2. 21歳未満の方で次に掲げる方
(1) 大学(短期大学を除く)を卒業した方及び試験の実施される年度の3月までに大学を卒業する見込みの方
(2) 人事院が(1)に掲げる方と同様の資格があると認める方
受験内容 試験区分
☆経営Ⅰ 文系の専門的知識を有する職員を採用するための区分
☆経営Ⅱ 理系の専門的知識を有する職員を採用するための区分

☆第1次試験(全国26都市で実施)
■ 教養試験 一般的知識及び知能についての筆記試験(マークシート式)
■ 専門試験 専門的知識、技術などの能力についての筆記試験(記述式 )

☆第2次試験
■ 総合試験 小論文試験(全国8都市で実施) 
■ 人物試験集団面接・集団討論、個別面接(公社が指定する2日間、東京都(本社)で実施
受験地 ☆一次試験…全国26都市
☆二次試験(論文試験)…全国8都市
☆二次試験(人物試験)…東京本社
受験日程 今年度試験概要は発表されておりません。
下記までお問い合わせください。
受験料 下記までお問い合わせください。
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 日本郵政公社郵政総合職採用グループ
TEL 03-3504-4411(内線4641)
FAX 03-3592-7625
合格発表日 今年度試験概要は発表されておりません。
上記までお問い合わせください。
コメント 郵便局などを運営する郵政公社の採用試験。幹部候補生として主に本社勤務をする「郵政総合職」と郵便今日等現場で仕事をする「郵政一般職」とがある。
郵政事業の民営化に伴い、公社のあり方自体が問われている今、採用形態等も過渡期であるといえる。
関連ホームページ 日本郵政公社
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から