国立国会図書館職員の受験内容

国立国会図書館職員
受験資格 ●Ⅰ種
1. 受験年の4月1日で21歳以上29歳未満
2. 21歳未満で、大学を卒業または翌年卒業見込みか官庁がそれと同等と認定した者。

●Ⅱ種
1. 受験年の4月1日で21歳以上29歳未満
2. 21歳未満で、大学、短大、高専を卒業または翌年卒業見込みか館長がそれと同等と認定した者。

●Ⅲ種・・・・受験年の4月1日で17歳以上23歳未満で高校、短大、専門学校卒業見込みまたは、 館長がそれと同等と認定した者。
(4年生大学卒業、または卒業見込みのものは受験できません。)

●Ⅲ種技術・・・・17歳以上27歳未満の者
受験内容 ●Ⅰ種・Ⅱ種
○一次試験・・・・一般教養
○二次試験・・・・専門学
1. 法学、政治学、経済学、社会学、文学、
史学(日本史、東洋史、西洋史から選択)、図書館情報学、物理学、化学、数学、
工学、情報工学(工学全般、情報工学から選択)、生物学の中から1科目選択
2. 選択外国語(英語、独語、仏語、露語、中国語、韓国語)から1科目選択。
3. 面接試験(個別2回)
○三次試験・・・面接試験

●Ⅲ種
○一次試験
1. 一般教養
2. 国語
3. 英語
4. 作文

○二次試験
1. 面接試験

●Ⅲ種技術
○一次試験
1. 一般教養
2. 専門(電気)
○二次試験
1. 面接
受験地 東京、京都
受験日程 5~8月
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 国立国会図書館総務部人事課任用係
TEL:03-3506-3315
合格発表日 原則として翌年4月の採用
コメント 閲覧できない本はないと言われる日本最大の図書館が国立国会図書館だ。その職員の職務は、図書館の運営だけにとどまらない。国家の審議を裏付けする資料の収集や、調査・整理なども重要な業務となっている。
採用枠は限りなく少なく、1%程度となっている。
関連ホームページ 国立国会図書館
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から