国会議員政策担当秘書の受験概要

国会議員政策担当秘書
受験資格 1. 大学卒業者、卒業見込者
2. 試験委員会が1.と同等以上の有識者と認めた者。

※ただし、以下に該当する者は、受験することができません。
1. 日本国籍を有しない者。
2. 成年被後見人または、被保佐人(準禁治産者を含む)
3. 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わらない者または、執行を受けることがなくなるまでの者
4. 公務員として懲戒免職の処分に処せられ、処分の日から2年を経過しない者。
受験内容 ●一次試験(1.多肢選択 2.論文式)
1. 一般教養(国会議員政策担当秘書としての高度な知識)
2. 総合問題(企画力、分析力、構成力)


●口述試験
1. 一次と同じく高度な知識が必要です。
受験地 東京(東京大学、衆・参各議院)
受験日程 ●一次試験・・・・7月上旬頃

●口述試験・・・・8月下旬頃
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 衆議院事務局庶務部議員課 03-3581-5165
参議院事務局庶務部議員課 03-5521-7485
合格発表日 ●一次試験・・・・8月中旬頃

●口述試験・・・・9月上旬頃
コメント 国会議員の政治活動を補佐する秘書のなかでも、特に政策立案、立法活動などを手助けするのが政策担当秘書だ。政治家にとってもっとも重要な仕事を専門的知識を駆使してサポートする。具体的には、議員が政治活動を行うために必要な資料の収集や研究、そらに具体的な資料を作成したりと多岐に渡る。かなり深い法律、政治に関する知識が求められる業務だが、日本の行政に関わるやりがいのある仕事でもある。
試験はあくまで資格取得のための試験だ。採用するのは国会議員本人である。議員の数には限りがあるので、実際にこの仕事に就くのはかなり難しい。
関連ホームページ 衆議院
参議院
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から