法務教官の受験概要

法務教官
受験資格 1. 受験年の4月1日で21歳以上29歳未満の者。

2. 21歳未満で、短大、専門学校、職業訓練短期大で専門課程を修了(予定)の者。など
受験内容 ●一次試験(1.2. マークシート 3. 記述式)
1. 一般教養
2. 専門知識(多肢選択式)・・・・教育学、心理学、社会学、青少年問題
3. 専門知識(記述式)・・・・青少年教育関連の課題

●二次試験
1. 面接・・・・個別面接
2. 身体検査・・・・内科検診
3. 身体測定
受験地 ●一次試験
札幌、旭川、仙台、秋田、前橋、東京、名古屋
金沢、堺、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇

●二次試験
札幌、仙台、東京、名古屋、堺、広島、高松、福岡、那覇
受験日程 ●一次試験・・・・6月中旬頃

●二次試験・・・・7月中旬頃
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 法務省各矯正管区

法務省東京矯正管区 048-600-1500
合格発表日 8月下旬~9月上旬(最終合格者)
コメント 法務教官とは、鑑別所や少年院に収容されている非行少年たちの更生を手助けし、社会復帰させることが使命だ。個々の問題点を見抜く観察力や、さまざまな相談・助言ができる慈愛の精神が必要とされる。
試験の合格率は男子の教官Aが6.0パーセント、女子の教官Bが3.2パーセント(いずれも平成16年度試験)。難易度は大学業程度なので、試験範囲の教育学、心理学、社会学などはしっかり身につけておきたい。
少年犯罪が増加している昨今の社会情勢からも、今後の活躍が期待されている。
関連ホームページ 人事院
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から