入国警備官の受験概要

入国警備官
受験資格 受験年の4月1日で17歳以上23歳未満の者。
※以下に該当する者は受験できません。

1. 日本の国籍を有しない者。
2. 成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)
3. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者。
その他その執行を受けることがなくなるまでの者
4. 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
5. 政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
受験内容 ●一次試験
1. 一般教養・・・・国語、数学、理科、社会、英語
2. 作文・・・・課題に対しての、理解・判断力を判定


●二次試験
1. 面接・・・・個別面接
2. 身体検査・・・・内科検診
3. 身体測定
4. 体力検査・・・・持久力、瞬発力

※次のいずれかに該当する者は不合格となります。
身長が男子160cm、女子156cmに満たない者
1. 体重が男子48kg、女子47kgに満たない者
2. 胸囲が78cmに満たない者
3. 色覚に異常のある者
4. 裸眼視力がどちらか1眼でも0.6に満たない者(ただし、両眼とも矯正視力が1.0以上の者は差し支えない。)
5. 四肢の運動機能に異常のある者
受験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇
受験日程 ●一次試験・・・・9月下旬頃

●二次試験・・・・10月中旬頃の2日間
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 人事院事務総局人材局試験課
TEL:03-3581-5311(内線2331)
E‐mail:shiken@jinji.go.jp/
合格発表日 受験申込・問合せ先までお問合せください。
コメント 不法入国者、不法滞在者などの調査・取調べなどが主な業務。全国の入国管理局や入国者収容所で職務にあたる。
試験の合格率は平成16年度で4.2パーセントとかなり低い。難関の部類の資格といえる。
だが、その業務の過酷さからか、退職率が高く、その率は自衛隊より高いとされている。そのため、各施設とも慢性的な人材不足に陥っているのが現状である。
関連ホームページ 法務省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から