刑務官の受験概要

刑務官
受験資格 ●刑務官A・・・・受験年の4月1日で17歳以上29歳未満の男子。
●刑務官B・・・・受験年の4月1日で17歳以上29歳未満の女子。

※以下の条件の方は受験できません。
1. 日本の国籍でない者
2. 成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)
3. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者。
その他その執行を受けることがなくなるまでの者。
4. 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
5. 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党
その他の団体を結成し、又はこれに加入した者。


※※以下の該当者は不合格となります。
1. 身長が男子160cm未満、女子が150cm未満
2. 体重が男子47kg未満、女子が43kg未満
3. 裸眼視力が1眼でも0.6未満
(両眼の裸眼視力が0.1以上で、矯正視力が両眼で1.0以上の者は差し支えない)
4. 色覚に異常がある(職務に支障のない程度の色弱は差し支えない)
5. 四肢の運動機能に異常がある
6. 胸囲が男子78cm未満、女子が75cm未満の者。
受験内容 ●一次試験
1. 一般教養・・・・国語、社会、理科、数学、資料解釈、判断推理
2. 作文試験・・・・課題理解力、表現力


●二次試験
1. 面接・・・・個別面接
2. 身体検査・・・・内科検診
3. 身体測定・・・・身長、体重、胸囲、視力
4. 体力検査・・・・持久力、瞬発力等
受験地 ●刑務官A・・・・全国52都市

●刑務官B・・・・栃木、笠松、和歌山、岩国、鳥栖(受験者数により、左記周辺の場合あり)
受験日程 ●一次試験・・・・9月中旬頃

●二次試験・・・・10月上旬の2日間のうちいずれか1日
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 法務省東京矯正管区 048-600-1500
法務省大阪矯正管区 06-6941-5754
合格発表日
コメント 刑務官とは、俗にいう看守にあたる業務に従事する者のことである。刑務所、少年刑務所、拘置所などが勤務の場となる。刑務所少年刑務所も含め全国に67箇所、拘置所は7箇所あり、そのすべての施設で刑務官が活躍している。
試験の難易度は高校卒業程度。合格率は刑務A(男子)が9.1パーセント。女子の刑務Bが15.3%(平成16年度)。他の国家資格に比べると、幾分高く、比較的合格しやすい試験といえる。
刑務官の昇進は競争試験があり、能力主義となっている。実力次第では刑務所長などの役職に就くことも可能である。また、刑務官の給与は、他の国家公務員よりも1割強ほど有利になっている。
関連ホームページ 法務省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から