行政書士の受験概要

行政書士
受験資格 制限なし
受験内容 1. 業務に関する法令・・・・①憲法、②行政法、③民法、④商法、⑤基礎法学
2. 業務に関する一般知識・・・・政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解
受験地 全国47都道府県
受験日程 11月第2日曜日(11月11日)
※()内は平成18年度実施日
受験料 7,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 財団法人行政書士試験研究センター 03-5251-5600
合格発表日 翌年1月下旬頃
コメント
建物を建てるとき、自動車を購入するとき、会社を設立するとき……。行政書士の活躍の場は多い。今後、さまざまな規制緩和でさらに仕事の場が増えていくことだろう。
試験の合格基準は、①全科目50%以上の得点②試験全体の得点が60%以上、のふたつをいずれも満たした場合。要するに全科目正解率6割以上ならば無条件で合格だ。目標をそこにおいて、試験範囲を偏りなく学習することが肝要だろう。
まだ確定していないが、平成18年より試験内容の変更する可能性が高い。受験申し込みの際は、確認・問い合わせを。
関連ホームページ 財団法人行政書士試験研究センター
通信講座・通信教育・専門学校の無料資料請求
こちら
>>>  【ダイエックス】行政書士
備考2



資格取得の道は資料請求から