裁判所事務官Ⅱ種の受験概要

裁判所事務官Ⅱ種
受験資格 受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。
21歳未満で短大、専門学校を卒業もしくは卒業見込の者。
受験内容 ◇一次試験
1. 一般教養(択一式)
2. 専門知識(択一式)・・・・憲法、民法、刑法

◇二次試験(論文形式)
1. 教養試験(論文形式)・・・・課題に対しての理解、判断力
2. 専門知識(論文形式)・・・・憲法に関する問題
B3. 面接・・・・個別による口述試験
受験地 全国25箇所の主要都市
受験日程 ◇一次試験・・・・5月中旬(5月28日) ◇二次試験・・・・6月中旬(6月19日~7月14日)
※()内は平成18年度実施日
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 最高裁判所事務総局人事局任用課試験第二係
TEL:03-3264-8111
合格発表日 8月中旬頃(8月10日)※()内は平成18年度実施日
コメント 裁判所で事務を担当する。
試験の難易度は大学卒業程度の学力が必要とされているが、平成15年度の合格率は3.7パーセントと低く、難関の部類に入るといっていいだろう。裁判所での勤務となるので、当然法学の知識が必要になってくる。試験範囲の憲法、民法、刑法は最低限押さえておかないと合格は難しい。
なお、試験に合格すれば裁判所秘書官への道も開かれている。
関連ホームページ 裁判所
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から