犬訓練士の受験概要

犬訓練士
受験資格 ●見習訓練士として5頭以上の犬の訓練実績を積んだ者 
●訓練所長の推薦を受けた者
受験内容 [学科] ●犬に関する心得 ●犬学(概論) ●訓練法 ●繁殖 ●飼育管理 ●畜犬に関する法令と規則
[実技] 基礎訓練と応用
受験地 協会本部または全国の各支部
受験日程 希望者が集まり次第実施
受験料 1万円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 日本警察犬協会本部
TEL:03-5828-2521
合格発表日 不定期
コメント 警察犬の育成、訓練をする犬訓練士は、全部で5等級に分かれている。その最高峰は1等訓練士長で、以下1等訓練士正、1等訓練士、2等訓練士、3等訓練士となる。試験は3等訓練士になるためのもので、受験資格を得るためにまずは見習いとして公認練習所に入所し、実績を積まなければならない。
資格取得後はシェパード犬など犯罪捜査で活躍する警察犬の育成、訓練をしながら、上の階級を目指していくことになる。ときには警察犬とともに捜査に協力することもあり、犯罪の解決に関わる大義ある資格だ。
関連ホームページ 日本警察犬協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から