日商マスターの受験概要

日商マスター
受験資格 以下の1.から5.資格試験のいずれかの合格者


1. 日本語文書処理技能検定2級以上
2. ビジネスコンピューティング検定2級以上
3. EC実践能力検定2級以上
4. 簿記検定2級以上+日本語文章処理技能検定3級又はビジネスコンピューティング検定3級
5. 販売士検定2級以上+日本語文章処理技能検定3級又はビジネスコンピューティング検定3級
受験内容 ※認定試験を受けるには以下の研修受講と実務経験が必要です。

●指導研修(3日間)
1. 日本語文書処理技能の指導
2. ビジネスマナー・文書処理技能
3. OA化、情報化知識
4. 表記・表現

●教育実務経験
パソコンスクールなどの教育機関や企業で300時間程度、講義や指導の実務を経験します。
(教育機関等の推薦書が必要)

●認定研修(3日間)・・・・資質、知識、技能の向上

●認定試験
1. 筆記試験・・・・教育指導技術、文書処理技術常識、ビジネス実務、敬語
2. 面接試験
受験地 全国各地
受験日程 ●指導研修・・・・3月上旬頃、7月下旬頃(2回)

●認定研修・検定・・・・3月中旬頃、8月上旬頃(2回)
受験料 ●指導研修・・・・35,000円●認定料・・・・32,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 日本商工会議所 03-3272-8600
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せ願います。
コメント 日商マスターは、IT技術の指導者を育成するための資格だ。ビジネスの現場だけでなく、生活のざまざまなところでITの普及が目立ている現在の社会情勢から見ても、今後ますます価値が出てくる資格だといえよう。
現在は500人近いマスター認定者がおり、その技術を役立てている。
関連ホームページ 日本商工会議所
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から