日本語文章能力検定(7級)の受験概要

日本語文章能力検定(7級)
受験資格 制限なし
受験内容 小学校高学年程度の国語科の表現力
受験地 札幌、仙台、大宮、松戸、東京、横浜、藤沢、長野、金沢、静岡、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸 姫路、明石、福山、尾道、福岡、北九州、鹿児島
受験日程 2月上旬、6月上旬、10月上旬頃(3回)
受験料 2,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 財)日本語文書能力検定協会東京事務局 03-5205-0339

(財)日本語文書能力検定協会京都事務局 075-342-0501
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せください
コメント すべての学問は国語であり、文章理解から始まるといわれている。日本語文章能力検定は、その国語力の向上を目指し、書く力(内容把握能力・構成能力・表現能力・作成能力の4つの能力)を評価する検定だ。
7級は小学生程度の文章力が必要とされる。合格率は9割台の後半と高い。
5~7級は同じ問題で試験を行い、その得点で級が与えられる。7級は正解率50パーセント以上で認定される。
関連ホームページ (財)日本漢字能力検定協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から