日本理化学検定(3級)の受験概要

日本理化学検定(3級)
受験資格 特になし(どの級からでも受験できます)
受験内容 中学校1年~中学校3年程度 
1. 1分野   
①運動とエネルギー(作用、反作用、位置エネルギー、運動エネルギー など)、   
②化学変化エネルギー(酸化、還元、化学反応式 など) 
2. 2分野   
①生物の細胞と生殖(細胞のつくりと大きさ、生物の増え方 など)、   
②太陽系と地球(惑星の見え方、天体の動き、星の動き など) 
3. 総合   
①環境・健康・テクノロジー、②日常生活に関連した理科的問題 など
受験地 東京、大阪、岡山など
受験日程 ●団体受験・・・・2月、6月、10月、12月(年4回)

●個人受験・・・・6月、12月(年2回)
受験料 2,500円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 日本理科学検定協会 03-5660-3293
合格発表日 ?実施団体まで、お問い合わせ下さい。
コメント 3級のレベルは、中学校1年~中学校3年程度。試験時間は60分で、身近な物理現象・身の回りの物質・動植物の生態・細胞と生殖・電流とその利用・化学変化と原子・分子・運動の規則性・科学技術・自然と人間・地球と宇宙などが出題範囲となっている。なお、3,4級は応用の段階とされている。
関連ホームページ 日本理科学検定協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から