油濁防止管理者の受験概要

油濁防止管理者
受験資格 1. 海技従事者の有資格者(通信、電子通信の海技士、小型船舶操縦士の免許を除く)
2. タンカーに乗組み、油の取り扱い作業1年以上の実務経験者
受験内容 1. 海洋汚染に関する国際的な動向と国内関係法令
2. 通う汚染に対する船での管理状況
3. 管理業務手法など
4. 終了考査
受験地 横浜、大阪もしくは神戸
受験日程 2月~3月頃
受験料 無料
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 国土交通省関東運輸局海上安全環境部船舶安全環境課 045-211-7225
合格発表日 実施団体まで、お問い合わせください。
コメント 油濁防止管理者は、タンカーなどに乗船勤務し、船長を補佐するのが職務だ。特に貨物油の不適切な排出を防止したり、記録簿の記載等を行う。また、「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」の規定で、総トン数200トン以上のタンカーには必ずう油濁防止管理者を置かなくてはならない、と規定されている。講習によって必要な知識を養い、資格が認定される。
関連ホームページ 国土交通省関東運輸局
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から