余暇生活相談員の受験概要

余暇生活相談員
受験資格 18歳以上の者が受講できるが、資格の認定を申請できるのは20歳以上
受験内容 ◇レポート提出(4回)
1. 余暇生活論
2. 余暇生活相談論
3. 余暇生活援助法
4. ケーススタディⅠ
◇現場実習・・・・実習後、体験レポート提出
◇スクーリング・・・・3日間の合宿研修会
受験地 通信教育。期間は6ヶ月から1年位。
受験日程 4月、10月(2回)
受験料 40,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)日本レクリエーション協会事務センター 03-3265-1209
合格発表日 講習で取得
コメント 余暇生活相談員は、主催団体の通信講座を受講し、書類審査を通過すると資格取得できる。
主な業務は、余暇時間を上手に活用できるように助言すること。完全週休2日制の導入や、ハッピーマンデーの導入、長寿社会化など日本人の余暇に対する考えが変わってきており、今後更なる活躍が期待されている。
関連ホームページ ?(財)日本レクリエーション協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から