余暇指導開発士の受験概要

余暇指導開発士
受験資格 18歳以上の者が受講できるが、資格の認定を申請できるのは24歳以上
受験内容 ◇レポート提出(8回)
1. 余暇生活論
2. 余暇生活相談論
3. 余暇生活援助法
4. ケーススタディⅠ
5. 余暇生活開発論
6. レジャー・マネジメント論
7. 余暇生活開発法
8. ケーススタディⅡ
◇現場実習・・・・実習後、体験レポート提出
◇スクーリング・・・・3日間の合宿研修会
◇修了論文提出
◇資格認定試験
1. 筆記試験
2. 面接試験
受験地 通信教育。期間は1~2年位。
受験日程 4月、10月(2回)
受験料 70,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)日本レクリエーション協会事務センター 03-3265-1209
合格発表日 講習で取得
コメント 余暇指導開発士の資格は、通信教育による講習の受講、現場実習など経て修論文を提出する。また、認定試験を行う。
主な職務は個人にとどまらない余暇生活に対する指導、アドバイス。企業の福利厚生やリゾート、老人ホームなどで業務にあたる。
関連ホームページ ?(財)日本レクリエーション協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から