マルチメディア検定(2級)の受験概要

マルチメディア検定(2級)
受験資格 制限なし
受験内容 ①コミュニケーションデザインの概念、②マルチメディアコンテンツデザイン、
③コミュニケーションデザインの方法、④コンテンツデザイン制作の実際、
⑤メディア環境とデザイン、 ⑥マルチメディアデザインにおける人間要素、⑦知的所有権と表現
、⑧音声・オーディオ、 ⑨画像・映像・文書処理、⑩コンピュータグラフィックス、
⑪コンピュータネットワーク、⑫インターネットサービス、⑬ヒューマンインタフェース、
⑭コンピュータシステム、⑮メディア処理ソフトウェア、⑯マルチメディアとIT社会
受験地 全国各地
受験日程 6月下旬、11月下旬頃(2回)
受験料 5,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)検定実施センター 03-3535-3501
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント コミュニケーションの手段としてデジタル情報を使う場合の技能、知識を評価する。2級はマルチメディアに関する基礎知識を全般的にもっていて、コンテンツ制作やWebサイトの構築などに活用できる技術が必要。特定のアプリケーションソフトが対象ではなく、マルチメディア全般を対象に総合的な技術をはかる。
関連ホームページ (財)画像情報教育振興協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から