マンションリフォームマネージャーの受験概要

マンションリフォームマネージャー
受験資格 20歳以上の者。
受験内容 ●学科試験
◇学科Ⅰ
1. 計画・・・・住居学、人間工学、室内計画、室内環境、防災・ 安全計画、相談技術、各種ローン、税制
2. 構造、材料、施工・・・・構造に関する基本事項、建築材料基本事項、施工方式基本事項

◇学科Ⅱ
1. 法規・・・・建築基準法、消防法、建物区分・所有、標準管理規約の法律
2. マネジメント・・・・調査・診断、設計・工事監理、見積り・契約、施工管理             
アフターサービス・メンテナンス・リフォームのマネジメント
3. 住戸内各部のリフォーム・・・・一般居室、水回り等、マンションの専有部分に使用される建築材料                    
マンションリフォームにおける高齢社会対応、シックハウス対策                    
省エネルギー改修に関すること
4. 設備のリフォーム・・・・設備の経年劣化と管理・診断・清掃、マンション設備システム設備部品                
設備リフォームの設計・施工

●設計製図試験・・・・平面図、断面図、展開図、透視図、詳細図、 設計主旨説明書、留意事項説明書
受験地 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
受験日程 10月上旬頃
受験料 13,650円(合格後、登録料14,700円が必要です。)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター 03-3261-4567
合格発表日 12月中旬頃
コメント マンションリフォームマネージャーは、その名の通りマンションの主に専有部分をリフォームする際に活躍する。所有者の希望を把握し、マンション自体の制約などを配慮した企画提案、業者との調整などを行う。
試験はマンションリフォームについての知識を問う学科試験とリフォームの企画設計、設計製図を行う実技試験がある。受験には制限がないが、資格者として登録するためには建築の実務経験が必要。
住居のマンション化が進んでいる今、活躍の場は広がりそうだ。
関連ホームページ (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から