水先人の受験概要

水先人
受験資格 ●一次試験・・・・(筆記)
航行区域沿海区域以上で総トン数3,000トン以上の船舶に3年以上船長として乗船経験がある者で
以下に該当しない者。
1. 日本国民でない者。
2. 禁固以上の刑に処せられその刑の終わらない者。
3. 船舶職員法に基づく免許の取消または、船長の職務で3回以上業務停止を受けた者。

●二次試験・・・・(口述)
一次試験合格者で、就業生として3ヶ月以上の実務経験者。
受験内容 ●一次試験・・・・(筆記)
1. 身体検査
2. 海上事故予防法規、海上交通安全法、操船知識、気象知識、港湾知識

●二次試験・・・・(口述)
1. 気象・海象知識
2. 水深、距離、障害物、航路標識等の知識
3. 操船知識
4. 国際通信信号知識
5. 条例、規則
6. 英会話
7. 一次試験範囲の応用問題
受験地 ●一次試験・・・・5月中旬~6月上旬頃の2日間

●二次試験・・・・11月から翌年1月までの指定された日。
受験日程 ●一次試験・・・・東京

●二次試験・・・・地方運輸局所在地
受験料 ●一次試験・・・・13,750円(身体検査代含む)

●二次試験・・・・12,400円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 国土交通省海事局船員部船舶職員課水先係 03-5253-8111
合格発表日 試験の約1ヵ月後
コメント 水先人は、出入港を安全に行うために船長の補助する。また、航行中も船長を補助し、船の安全を守る。
受験には船長としての職務経験が3年以上必要。熟練の腕が必要な資格といえる。
関連ホームページ 国土交通省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から