木材加工用機械作業主任者の受験概要

木材加工用機械作業主任者
受験資格 1. 木材加工用機械による作業に3年以上従事した経験を有する者
2. その他労働大臣が定める者
受験内容 1. 安全装置、搬送機械装置、自動送材装置の種類・構造・機能
2. 安全装置等の保守点検、作業環境整備
3. 治具および手工具の種類・活用方法、安全作業一般、作業標準
4. 関係法令  
5. 修了考査(学科または、口述試験)

※以下のいずれかの者は、科目の免除があります。
1. 職業能力開発促進法に定める養成訓練のうち製材機械整備科、建築科、木工科等の訓練修了者
2. 木工機械調節、木型製作、木工又は、建築大工にかかわる1、2級の有資格者。
受験地 各教習機関により異なります。詳しくはお問合せ先まで。
受験日程 各教習機関により異なります。詳しくはお問合せ先まで。
受験料 各教習機関により異なります。9,000円程度 テキスト代 1,260円程度
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 都道府県労働局安全課、労働基準監督所、各都道府県労働基準協会連合会
合格発表日 各教習機関により異なります。詳しくはお問合せ先まで。
コメント 携帯用を除く木材加工用機械を5台以上置いている作業場で活躍するのが木材加工用機械作業主任者だ。作業指揮や、機材の安全点検を行う。
試験は行わず、講習によって知識を養うことによって資格認定をする。講習は各地で年に1回ほど行われている。日程等は各地域ごとにちがうので、主催団体に問い合わせのこと。
関連ホームページ 東基連
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から