作業環境測定士の受験概要

作業環境測定士
受験資格 1. 大学、専門(理系)卒業者で、1年以上の実務経験者
2. 高校(理系)卒業者で、3年以上の実務経験者
3. 高校(理系以外)卒業者で、5年以上の実務経験者
4. 8年以上の実務経験者

上記以外にも、細かく規定されていますので、詳しくは、ホームページをご覧ください。
受験内容 ●第1種作業環境測定士(必須科目)
1. 労働衛生一般 (衛生一般)
2. 労働衛生関係法令(関係法令)
3. デザイン・サンプリング(デザイン)
4. 分析に関する概論(分析概論)
(選択科目・・・・以下のうち1科目選択)
①有機溶剤 ②鉱物性粉じん(粉じん) ③特定化学物質等(特化物) ④金属類 ⑤放射性物質(放射線)

●第2種作業環境測定士
(必須科目)
1. 労働衛生一般 (衛生一般)
2. 労働衛生関係法令(関係法令)
3. デザイン・サンプリング(デザイン)
4. 分析に関する概論(分析概論)
受験地 受験申込・問合せ先の管轄住所のセンターで受験。
受験日程 ●第1種・・・・8月下旬頃の2日間

●第2種・・・・8月下旬・2月中旬頃の1日間(2回)
受験料 ●第1種・・・・10,600円~27,100円(選択科目が1科目増すごとに3,300円増)

●第2種・・・・11,800円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)安全衛生技術試験本部 03-3295-1088

北海道安全衛生技術センター 0123-34-1171

東北安全衛生技術センター 0223-23-3181

関東安全衛生技術センター 0436-75-1141

中部安全衛生技術センター 0562-33-1161

近畿安全衛生技術センター 0794-38-8481

中国四国安全衛生技術センター0849-54-4661

九州安全衛生技術センター0942-43-3381
合格発表日 受験申込・問合せ先までお問合せ願います。
コメント 作業環境測定士は、作業環境の管理が主な業務だ。鉛や放射線物質、有機溶剤などを扱う作業場では、職業性疾患の発病の危険が高いため、法律によって作業環境測定が義務付けられている。そのときに活躍するのである。作業者の健康を守る、大変席になる仕事だ。
関連ホームページ ?(財)安全衛生技術試験協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から