視能訓練士の受験概要

視能訓練士
受験資格 1. 大学入学資格を有し、指定学校・視能訓練養成所で3年以上勉強し、技能・知識を習得した者。
2. 大学等で、英語・心理学・保健体育を選択し、教育・倫理・生物・精神衛生・社会福祉・保健のうち
2科目を2年以上勉強し、指定施設等で1年以上視能訓練士として就業した者。
3. 外国の視能訓練士学校、養成所を卒業、又は、外国で視能訓練士にあたる免許を受けた者。
受験内容 1. 臨床心理学
2. 視器の解剖・生理・病理学
3. 視覚生理学
4. 生理光学
5. 眼疾病学
6. 眼科薬理学
7. 神経眼科学
8. 視能矯正学総論
9. 視能矯正学各論
受験地 東京、大阪
受験日程 ?3月上旬頃
受験料 ?15,800円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 厚生労働省医政局医事課試験免許室国家試験係 03-5253-1111

北海道地方医務局 011-709-2311

東北地方医務局 022-291-0411

関東甲信地方医務局 048-740-0810

東海地方医務局 052-971-8831

近畿地方医務局 06-6942-2241

中国四国地方医務局 082-223-8181

四国地方医務局 0878-51-9565

九州地方医務局 092-472-2361

九州地方医務局沖縄分室 098-853-7350
合格発表日 ?4月頃
コメント 視能訓練士は、眼科医のもとで視力障害者の回復訓練を行う技術者である。また、眼科において検査などの業務にも携わる。視能訓練士は、細やかな対応を必要とする。そのためか、有資格者には女性が多い。
昨今、視力の低下が低年齢していることなどを受け、視能訓練士の需要は増大している。将来性の高い職業だ。
関連ホームページ ?厚生労働省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から