自転車技士の受験概要

自転車技士
受験資格 18歳以上で、自転車の組立、検査、整備に関して、2年以上の実務経験者。
受験内容 ●学科試験
1. 自転車の構造・機能の知識
2. 自転車の整備の知識
3. 自転車の構造・性能の知識
4. 自転車の点検整備の知識
5. 自転車の組立・検査の知識
6. 工業標準化法及び、自転車・同部品の日本工業規格・消費生活用製品安全法の知識

●実技試験
(制限時間内での作業となります。)
1. 分解・・・後車輪、チェーン、リヤディレーラの取外し等
2. 組立・・・1.で分解した状態から適切な工具を使用して、一般用自転車に適合する完成車にする。
受験地 北海道、宮城、茨城、埼玉、群馬、東京、愛知、滋賀、大阪、広島、香川、福岡
受験日程 8月下旬頃
受験料 18,900円(自転車安全整備士との同時受験者は26,250円)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) ?(財)日本車両検査協会 本部 03-5902-3455
合格発表日 10月上旬頃
コメント 自転車技士は、自転車の整備、点検、組み立てなどを業務とする人を対象とした資格。自転車店を開業する際には必須の資格といえる。資格は試験によって認定される。平成16年度の合格率は、83.1パーセント。
関連ホームページ ?(財)日本車両検査協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から