社会福祉士の受験概要

社会福祉士
受験資格 1. 4年制大学で指定科目を修めて卒業した者。
2. 3年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上
(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者。
3. 社会福祉士一般養成施設において1年以上必要な知識と技能を取得した者。
4. 児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び
老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。
受験内容 r>2. 障害者福祉論
3. 児童福祉論
4. 介護概論
5. 社会福祉援助技術
6. 社会福祉原論
7. 社会保障論
8. 公的扶助論
9. 地域福祉論
10. 心理学
11. 社会学
12. 法学
13. 医学一般
受験地 北海道、青森、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄
受験日程 1月下旬頃
受験料 12,100円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)社会福祉進行・試験センター試験室 03-3486-7559
合格発表日 ?3月末日
コメント 社会福祉士の仕事は、身障者や高齢者など日常生活に支障のある人々に対してさまざまな助言、指導をすること。また、公的機関において在宅ケアサービス等の運営補助をするなど、活躍の場は広い。特に高齢化が進んでいる昨今では、シルバー産業が発達していくと思われ、これからさらに発展していく資格であるといえる。
資格は試験によって与えられる。合格率は3割前後だ。
関連ホームページ (財)社会福祉進行・試験センター
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から