手話技能検定(1級)の受験概要

手話技能検定(1級)
受験資格 2級合格者
受験内容 筆記試験・・・・ビデオの読み取り試験。記述式
実技試験・・・・5~8人の小グループによるディスカッション
受験地 東京、大阪、名古屋
受験日程 1月、5月、9月
受験料 14,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) NPO手話技能検定協会 03-5642-3353
合格発表日 実施団体様までお問い合わせください。
コメント 聴覚が不自由な人とコミュニケーションをとるために欠かせないのが手話。その手話の技術を評価するのが手話技能検定だ。検定は1級から7級の7段階に分けられている。
1、2級には実技試験も課せられる。1級はその最高級で、単語、例文とも制限なく使える力がある人が対象。レベルの目安は手話学習期間3年(240時間)以上。
関連ホームページ NPO手話技能検定協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から