速記技能検定(2級)の受験概要

速記技能検定(2級)
受験資格 ※1.は朗読文字(1分間)、2.は朗読時間、3.は反訳時間、4は合格基準です。
1. 280字
2. 10分
3. 130分
4. 98%
受験内容 #REF!
受験地 全国主要都市(約20箇所)
受験日程 1月下旬、5月下旬、8月下旬、11月下旬頃(4回)
受験料 4,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (社)日本速記協会 03-3580-0976
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント 速記とは、文字を極限まで簡素化し、書き取る時間を大幅に短縮する技術だ。裁判や国会の審議の際は、必ず速記士が発言の詳細を記録している。その他、テープレコーダーから原稿を起こす際などマスコミでも活躍している。
2級の目安は、「会議・座談・講演などの速記の補佐をすることができる」レベル。専門職として十分にやっていける証明として、文部科学省認定の「速記士証」が発行される。プロとして官庁やマスコミの専属速記士として雇われれば、十分な収入が得られるだろう。
関連ホームページ ?(社)日本速記協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から