測量士・測量士補の受験概要

測量士・測量士補
受験資格 制限なし
受験内容 ●測量士
1. 三角測量(網または鎖の平均計算を伴う測量)
2. 多角測量・水準測量(トランシットを用いる観測と計算)
3. 地形測量(平板、コンパス、トランシットを用いる図根測量作業および高低測量、スタジアム法)
4. 写真測量(図解法および機械法)
5. 地図編集(地図を投影を含む作業)
6. 応用測量

●測量士補
1. 三角測量(トランシットを用いる観測と計算)
2. 多角測量・水準測量(トランシットを用いる観測と計算)
3. 地形測量(平板、コンパス、トランシットを用いる図根測量作業および地形地物の測量)
4. 写真測量(図解法および機械法)
5. 地図編集(地図を投影を含む作業)
6. 応用測量
受験地 札幌、仙台、秋田、東京、富山、長野、静岡、名古屋、大阪、松江、広島、高松、大宰府、鹿児島、 那覇
受験日程 ?5月中旬頃
受験料 ●測量士
4,250円(収入印紙で納付の場合)
4,200円(電子納付の場合)

●測量士補
2,850円(収入印紙で納付の場合)
2,800円(電子納付の場合)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 国土交通省国土地理院総務部総務課 029-864-4151

(社)日本測量協会 03-5684-3355
合格発表日 7月下旬頃
コメント 測量士は測地機器を用いて土地の位置や形、面積などを測り、地図などに図示するのが仕事だ。測量士補はその補佐をすることができるしかくである。
主な勤務先は、土木、測量、建設を行っている企業。また、少数ではあるが、国土地理院などの官庁に従事している人もいる。
試験の合格率は測量士8.8パーセント、測量士補24,9パーセント(いずれも平成16年度)となかなか難しい。しかし、技術をもつ専門家として前途有望な資格であるといえる。
関連ホームページ 国土交通省国土地理院総務部総務課

(社)日本測量協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から