船内荷役作業主任者の受験概要

船内荷役作業主任者
受験資格 揚貨装置、クレーン、移動式クレーン、デリック運転士(国家資格内・ガテン系)免許取得後4年以上、 船内荷役作業の業務に従事している者。
受験内容 下記の内容で講習(3日間)終了後、テストがあり合格すると資格がもらえます。

1. 作業指揮に関する知識・・・・災害防止、災害時の措置、作業計画、人員配置、作業指導知識
2. 設備、機械の構造・取り扱い知識・・・・クレーン構造、機器保守・点検、
3. 玉掛け作業・合図・・・・玉賭け作業、力学、機器選定・使用法、貨物知識、玉賭けの方法、合図
4. 荷役方法の知識・・・・段違い作業、巻きだし・引き込み作業  
5. 法令知識・・・・労働安全衛生法・施工令、労働安全衛生規則およびクレーンなど
受験地 地域により異なりますので受験申込・問合せ先まで。
受験日程 地域により異なりますので受験申込・問合せ先まで。
受験料 地域により異なりますので受験申込・問合せ先まで。
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 港湾貨物運送事業労働災害防止協会東京総本部 03-3451-2644
労働省各都道府県労働基準局安全課まで。
合格発表日 地域により異なりますので受験申込・問合せ先まで。
コメント 船舶での荷の積み下ろしや、船同士の荷の移動などの際に作業を指導、監督する。作業の安全のために器具や工具の安全点検、通行整備などを行う。
資格は講習を受け、最後の試験に合格すると取得できる。
関連ホームページ ?厚生労働省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から