潜水士の受験概要

潜水士
受験資格 制限なし。ただし18歳未満の者は、満18歳になるまで免許が交付されません
受験内容 1. 潜水業務知識
2. 送気・潜行・浮上知識
3. 高気圧障害に対する知識
 4. 法令
受験地 ?受験申込・問合せ先の管轄住所のセンターで受験。
受験日程 1、4、7、10月
受験料 8,300円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)安全衛生技術試験本部 03-3295-1088

北海道安全衛生技術センター 0123-34-1171

東北安全衛生技術センター 0223-23-3181

関東安全衛生技術センター 0436-75-1141

中部安全衛生技術センター 0562-33-1161

近畿安全衛生技術センター 0794-38-8481

中国四国安全衛生技術センター0849-54-4661

九州安全衛生技術センター0942-43-3381
合格発表日 受験申込・問合せ先までお問合せ願います。
コメント 潜水士の業務は、水中での土木作業、水産物の採取、サルベージに至るまで幅広い。特殊な技術が必要な上、危険が伴う仕事も多い。しかし、そのた高収入が期待できる。
受験者の職種も幅広く、警察や消防からダイビングインストラクター、ライフセーバーと多岐多用だ。試験の合格率は7~8割程度。
関連ホームページ 受験申込・問合せ先までお問合せ願います。
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から