設備士資格検定の受験概要

設備士資格検定
受験資格 1. 大学の理科系課程を卒業後した者。
2. 短期大学、高等工業専門学校の理科系課程を卒業後、実務経験1年以上の者。
3. 各種専門学校 (認定校のみ)を卒業後、実務経験1年以上の者。
4. 高校の理科・工業過程を卒業後、実務経験4年以上の者。
5. 高校の建築設備過程を卒業後、実務経験3年以上の者。
6. 18歳以上で、実務経験7年以上の者。
受験内容 ●空調部門
1. 暖房・換気・空調調和に関する専門知識  
2. 給水・排水・その他衛生に関する専門知識

●衛生部門
1. 給水・排水・その他衛生に関する専門知識
2. 暖房・換気・空調調和に関する基礎知識の概要
受験地 札幌、仙台、東京、名古屋、上越、大阪、広島、福岡、那覇
受験日程 各部門・・・・11月下旬頃
受験料 各部門・・・・8,400円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (社)空調調和・衛生工学会 03-3363-8261
合格発表日 実施団体様までお問い合わせください。
コメント 設備士検定資格は、建築設備の空気調和、給排水衛生設備の設計、施工、維持管理や教育、研究などに従事している者を対象とした資格だ。昭和31年より行われている歴史ある資格で、社会的信用も高い。建設会社などの就職に有利になることがある。
関連ホームページ (社)空調調和・衛生工学会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から