診療報酬請求事務能力認定試験(医療事務)の受験概要

診療報酬請求事務能力認定試験
受験資格 制限なし
受験内容 ●学科試験
1. 医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
2. 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
3. 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
4. 医療用語及び医学・薬学の基礎知識
5. 医療関係法規の基礎知識  
6. 介護保険制度の概要
●実技試験・・・・診療報酬請求事務の実技
受験地 札幌、仙台、さいたま、習志野、東京、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、高松、福岡、 熊本、那覇
受験日程 ?7月、12月(2回)
受験料 ?7,500円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) ?(財)日本医療保険事務協会 03-3252-3811
合格発表日 ?試験日より、2ヵ月後の末日頃
コメント 病院や歯科医院での支払いは、規定に基づいた点数制になっている。その計算をしたり、その他事務に従事する人たちの資質の向上を目的に作られた試験である。
試験は学科と実技があり、全国で一斉に行われる。合格率は医科24.5パーセント、歯科36.8パーセント(いずれも第21回試験)。
関連ホームページ (財)日本医療保険事務協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から