情報セキュリティ検定試験(2級)の受験概要

情報セキュリティ検定試験(2級)
受験資格 ?制限なし
受験内容 I.情報セキュリティ総論   
①情報セキュリティ事件・事故が与える社会への影響、②情報セキュリティの三分野、   
③情報に関する個人の権利と企業責任の概要、④情報の保護に関する法律の概要 
II.情報資産における脅威(どんな危険があるか)   
①コンピュータ利用上の脅威を知る、②インターネットの利用に関する脅威を知る、   
③電子媒体の利用に関する脅威を知る、④紙媒体の利用に関する脅威を知る、   
⑤社内の部外者などによる脅威を知る、⑥建物・部屋への侵入の脅威を知る、   
⑦外部からの攻撃の脅威を知る、⑧天災や大規模障害に関する脅威を知る 
III.脅威への対策(情報セキュリティ対策)   
①リスク分析と安全対策の基礎、②コンピュータ不正利用等の対策の基礎、   
③インターネット不正利用の対策の基礎、④電子媒体不正利用の対策の基礎、   
⑤紙媒体不正利用の対策の基礎、⑥設備機器管理の基礎、⑦不特定者の侵入対策の基礎、   
⑧ネットワーク攻撃対策の基礎、⑨天災と大規模障害対策の基礎、   
⑩公的機関による認定制度の概要 
IV.コンピュータの一般知識   
①ソフト・ハードウエアの知識、②OS・ネットワークの知識
受験地 ?東京、大阪、名古屋
受験日程 ?1月下旬、4月下旬、7月下旬、10月下旬頃(年4回)
受験料 8,400円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)全日本情報学習振興協会 03-5276-0030
合格発表日 ?試験より約1ヶ月後頃
コメント 情報セキュリティ検定試験は、情報に関するセキュリティ管理の総合的知識を評価する検定だ。1級から3級までの3段階に分けられている。
個人情報保護法の施行などもあり、今後注目される検定である。
関連ホームページ ?(財)全日本情報学習振興協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から