スペイン語技能検定(1級)の受験概要

スペイン語技能検定(1級)
受験資格 制限なし
受験内容 1次試験・・・・スペイン語訳・和訳
2次試験・・・・面接試験
受験地 ●1次・・・・全国19都市

●2次・・・・札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
受験日程 1次試験・・・・6月下旬頃、10月下旬頃

2次試験・・・・7月下旬頃、12月上旬頃
受験料 10,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)日本スペイン協会 西検事務局 03-3353-0428
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント スペイン語技能検定は、その名の通りスペイン語の能力を客観的に評価する検定だ。スペイン語は、世界でも主要な言語で、国際語のひとつでもある。そのため、スペイン語をマスターしている人は、通訳や翻訳をはじめ、さまざまな分野で活躍できる。国際会議や放送分野での需要も高い。
1級はその最高級。難易度は高く、合格率は5~15%程度。文学作品が読め、会議、一般問わずあらゆる場面での通訳、ガイドができるスペイン語習熟度が必要。まだ資格取得者が少なく、その希少価値からも仕事の要請が多い。
関連ホームページ http://www.casa-esp.com/
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から