数学検定(実用数学技能検定 準1級)の受験概要

数学検定(実用数学技能検定 準1級)
受験資格 ?原則制限なし
受験内容 ①関数と極限、②微分法・積分法の基礎、③行列と演算、④簡単な曲線、
⑤数値計算の基礎、⑥基礎的統計処理、⑦測定、⑧コンピュータの活用、
⑨基本的オス現象など
受験地 各県庁所在地に最低1ヵ所あります。
受験日程 4月上旬、7月中旬、11月上旬頃(年3回)
受験料 5,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)日本数学検定協会 03-5660-4809
合格発表日 実施団体までお問い合わせ下さい。
コメント 数学検定は、数検とも呼ばれ、幼稚園児からシルバー世代までが幅広く受験している検定試験だ。算数・数学の知識を評価し、その出題範囲は幅広く、自身の実力にあった級を受験できる。
準1級は高校1年から大学程度の数学的知識が求められる。「情報科学社会に対応して生じる課題や問題を迅速かつ正確に処理するために必要な数学技能」を必要とする。
関連ホームページ (財)日本数学検定協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から