オラクルマスターの受験概要

オラクル認定技術者制度
受験資格 制限なし
受験内容 ●ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 10g
◇1Z0-041J Bronze DBA10g
①データベース管理、②インストールおよびデータベース作成、
③Oracle Enterprise Manager Database ControlおよびSQL*Plusの使用、
④ネットワーク環境の構成、⑤Oracleインスタンスの管理、⑥データベース記憶域の管理、
⑦ユーザーおよびセキュリティの管理、⑧スキーマ・オブジェクトの管理、
⑨バックアップおよびリカバリの実行、⑩データベースの監視およびアドバイザの使用
◇1Z0-017J Bronze SQL 基礎 I
①基本的なSQL Select文の作成、②データの制限およびソート、③単一行関数、
④複数の表からのデータの表示、⑤グループ関数を使用したデータの集計、
⑥副問合せを使用した問合せの解決、⑦データ操作、⑧オブジェクトの作成および管理

●ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g
◇1Z0-042J Silver DBA10g
①Oracleソフトウェアのインストール、②Oracleデータベースの作成、③データベースへのアクセス、
④データベースの制御、⑤記憶域の構造、⑥ユーザーの管理、⑦スキーマ・オブジェクトの管理、
⑧PL/SQLオブジェクトの管理、⑨セキュリティの管理、⑩ネットワーク環境の構成、
⑪パフォーマンスの監視、⑫予防的メンテナンス、⑬UNDOの管理、⑭ロック競合の監視と解決、
⑮バックアップおよびリカバリの概念、⑯データベースのバックアップ、⑰データベースのリカバリ

●ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g(2005年5月から実施予定)

●ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g(未定)
受験地 全国のプロメトリック㈱の公認試験会場
受験日程 ?祝日を除く、月~土曜日
受験料 各科目 15,750円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) プロメトリック㈱ 0120-107-737
合格発表日 試験終了後、即時
コメント オラクルとは、世界最大のデータベースソフトメーカーのこと。そのオラクルが自社製品についての知識、技術があることを保証するという資格だ。世界的なメーカーだけに、その資格はグローバルに通用する。
資格は基本的に試験によって取得する。しかし、種類によってはそれぞれのレベルに応じた研修コースの履修が必要なものもある。
関連ホームページ ?プロメトリック㈱

日本オラクル㈱
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から