医療秘書技能検定(準1級)の受験概要

医療秘書技能検定(準1級)
受験資格 制限なし
受験内容 1. 医療秘書実務・・・・患者応対、受付、診断書、証明書作成など
2. 医療機関組織・運営・・・・事業目的、病院報告書作成など
3. 医学・医療知識・・・・臓器機能、症状、治療法、検査名称、看護業務
4. 医療事務・・・・レセプト作成など
受験地 全国各地で実施
受験日程 ?6月中旬、11月下旬頃(2回)
受験料 4,500円(1級・準1級併願…9,600円、準1級・2級併願…8,300円)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 医療秘書教育全国協議会 03-5675-7077
合格発表日 受験日より、約1ヵ月半後
コメント 病院や医院で医療のサポートをする医療秘書。その能力を評価する検定試験だ。受験生は、医療事務分野を目指し、勉学に励んでいる学生も多い。
医療秘書の有資格者は、専門職としてその力を求められ、就職の際などは有利に働くことが多く、収入も安定している。
準1級の合格率は21.9パーセント(平成16年度)。医療秘書として専門分野の高度な知識、技能とやや複雑な作業を遂行できる力が必要。
関連ホームページ 医療秘書教育全国協議会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から