情報検索基礎能力検定試験の受験概要

情報検索基礎能力検定試験
受験資格 制限なし
受験内容 共通問題+選択問題(AコースorBコースを選択)受験となります。

●共通問題
1. 情報の生産と流通に関する知識・・・・情報の収集・整理・蓄積、情報とデータの組織化など
2. 情報の検索と利用に関する知識・・・・情報源(データベース含む)の特性とその内など
3. コンピュータに関する基礎知識・・・・ハードウェア・ソフトウェアのしくみなど
4. インターネットに関する基礎知識j・・・・電子メール、WWW、TCP/IP、サーチエンジン
5. 情報社会に関する基礎知識・・・・情報政策、情報倫理、セキュリティ、知的財産権

  ●選択問題(どちらかを選択)
○Aコース(情報検索)
1. 情報管理に関する知識・・・・目録記述の規則と標準化、シソーラス、件名標目など
2. データベースに関する知識・・・・データベースの歴史と種類、データベースの提供など
○Bコース(情報リテラシー)
1. 情報の活用に関する知識・・・・情報の評価・加工・発信
2. ソフトウェアの利用 ・・・・ワープロ、表計算ソフト、プレゼンテーションソフト、DBMS
受験地 茨城、東京、大阪、名古屋、福岡
受験日程 11月第4日曜日
受験料 4,000円(税込み)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (社)情報科学技術協会DBS認定試験係 03-3813-3791
合格発表日 ?受験申込・問合せ先までお問合せください。
コメント データベースの基礎知識をマスターするための検定。「情報検索応用能力試験」の前段階の資格でもあり、内容は基礎的なところから出題される。合格者には合格証が発行される。
関連ホームページ (社)情報科学技術協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から