衛生工学衛生管理者の受験概要

衛生工学衛生管理者
受験資格 ?受講・免除資格は実務経験等により細かく規定されています。詳しくはホームページをご覧ください。
受験内容 以下の科目について5日間(科目免除者は4日)に分けて、受講が行われます。
1. 労働基準法
2. 労働安全衛生法
3. 労働衛生工学知識
4. 職業性疾病の管理知識
5. 労働生理知識
6. 修了試験(筆記試験)

※第1種衛生管理者、労働衛生コンサルタント、作業環境測定士の有資格者は科目免除があります。
受験地 東京、大阪
受験日程 日程は、ホームページをご覧ください。
受験料 108,000円(5日間)??81,000円(4日間)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 東京安全衛生教育センター 0424-91-6920

大阪安全衛生教育センター 0721-65-1821
合格発表日 ?受講申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント 衛星工学衛生管理者は、事業所などでの作業環境の改善などが主な業務となる。規定では、労働者数が500を超え、常時30人以上が作業する特定の有害物質を扱う事業場では、この衛生工学衛星管理者を置かなくてはならないことになっている。
資格は講習を受講し、免許を受けなくては取得できない。
関連ホームページ 東京安全衛生教育センター

大阪安全衛生教育センター
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から