海技従事者の受験概要

海技従事者
受験資格 ●年齢制限なしの資格
1. 1級~6級海技士(航海)
2. 1級~6級海技士(機関)
3. 船橋当直3級海技士(航海)
4. 機関当直3級海技士(機関)
5. 内燃機関2級~6級海技士(機関)

●17歳9ヶ月以上で乗船経歴の必要な資格 1. 1級~3級海技士(通信) 2. 1級~4級海技士(電子通信)●乗船経験1~3年以上(規定以上の大ききさの船に乗船して) (船舶関係の学校で学科修了者は乗船経歴が短縮されるようです。) 1. 1級~6級海技士(航海) 2. 1級~6級海技士(機関) 3. 1級~3級海技士(通信)
受験内容 ●1級~6級海技士(航海)
1. 学科・・・・計測機器、船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、緊急時の知識
2. 口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3. 身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

●1級~6級海技士(機関)
1. 学科・・・・機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、英語
2. 口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3. 身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

●1級~3級海技士(通信)
1. 学科・・・・船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、緊急時の知識
3. 身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

●1級~4級海技士(電子通信)
1. 学科・・・・船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、緊急時の知識
3. 身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

●2級~6級海技士(内燃機関)
1. 学科・・・・機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、英語、製図、緊急時の知識
2. 口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3. 身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

●機関当直3級海技士(機関)
1. 学科・・・・機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、英語、製図、緊急時の知識
2. 口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3. 身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。

●船橋当直3級海技士(機関)
1. 学科・・・・機器知識、構造知識、航法、気象、法知識、英語、貨物、緊急時の知識
2. 口述・・・・筆記試験と同じ範囲
3. 身体検査・・・・視力、聴力、疾患の有無。
受験地 小樽、塩釜、新潟、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、高松、北九州、那覇
受験日程 ?4月中旬、7月上旬、10月中旬、2月上旬頃
受験料 ●1級~6級海技士(航海)
●1級~6級海技士(機関)
●2級~6級海技士(内燃機関)
学科・・・・2,400~7,200円
口述・・・・3,000~7,500円
身体検査・・・・870円

●1級海技士(通信)
●1級~3級海技士(電子通信)
学科・・・・5,000円
身体検査・・・・870円

●2級海技士(通信)
学科・・・・3,400円
身体検査・・・・870円

●3級海技士・4級海技士(通信)
学科・・・・2,700円
身体検査・・・・870円

●機関当直3級海技士(機関)
●船橋当直3級海技士(航海)
学科・・・・5,400円
口述・・・・5,500円
身体検査・・・・870円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 運輸省海上技術安全局船員部船舶職員課
各地方運輸局
合格発表日 実施団体までお問合せください。
コメント 海抜従事者資格は、船舶職員になるための資格である。その種類は数多く、それぞれの分野で活躍している。
現在の海運業界は、船員の減少と高齢化が進んでいる。若手が少なく、後継者問題が深刻になりつつあるのが現状だ。不況はまだまだ続きそうだが、チャンスの多い業界ともいえる。
関連ホームページ ?国土交通省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から