介護福祉士の受験概要

介護福祉士
受験資格 ?学歴、職務経歴等で細かく受験資格が明記されています。
受験内容 ●筆記試験
1. 老人福祉論
2. 障害者福祉論
3. リハビリテーション論
4. 社会福祉援助技術
5. レクリエーション活動援助法
6. 老人・障害者の心理
7. 家政学概論
8. 医学一般
9. 精神保健
10. 介護概論
11. 介護技術
12. 形態別介護技術
13. 社会福祉概論

●実技
介護に関する専門技能
受験地 北海道、青森、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄
受験日程 ●筆記試験・・・・1月下旬頃

●実技・・・・3月上旬頃
受験料 13,300円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)社会福祉進行・試験センター試験室 03-3486-7521
合格発表日 ?3月下旬頃
コメント 介護福祉士の業務は、老人や障害者を介護・指導し、日常生活の手助けをすることだ。高齢化が進む日本において、その役割は意義深い。社会的な役割は深く、今後も需要が増えていくだろう。
取得の方法は3つ。まず厚生労働大臣指定の要請施設を卒業すること。2つ目は実務経験を積み、国家試験に合格する方法。そして福祉課程高校を卒業し、国家試験に合格すること。
試験の合格率は40~50パーセント程度。
関連ホームページ (財)社会福祉進行・試験センター
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から