ラジオ・音響技能検定(2級)の受験概要

ラジオ・音響技能検定(2級)
受験資格 制限なし
受験内容 ◇知識
1. 電気磁気、交流理論
2. トランジスタ、集積回路知識
3. 無線、通信理論
4. FMステレオ受信機
5. 音響理論の基礎知識、各種音響機器動作原理知識
6. 電波障害防止知識
◇実技
1. 受信機の設計法、製作法
2. 受信機の調整、特性試験、修理法
3. 音響機器の作動試験
受験地 全国各地
受験日程 6月中旬頃、11月中旬頃(2回)
受験料 4,100円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)実務技能検定協会ラジオ・音響技能検定部 03-3208-8948
合格発表日 受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント ラジオ・音響技能資格検定は、日本で唯一のオーディオ・エレクトロニクス関連の検定である。アナログ技術という観点からオーディオ・エレクトロニクスの知識、技能を総合的に評価する。
2級は各種受信機の動作原理の理解と組み立て、調整ができる技術、また各種音響機器の動作原理の理解とやや高度な電気の知識が必要。各種受信機、高忠実度増幅器、音響機器に関する問題が出題される。
関連ホームページ ?(財)実務技能検定協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から