宅地建物取引主任者(宅建)の受験概要

宅地建物取引主任者(宅建)
受験資格 性別国籍不問
受験内容 50問のマークシート形式
1. 土地の形質、地積、地目、種目、建物の形質、構造、種別
2. 建物の権利、権利の変動に関する法令
3. 土地・建物についての法令上の制限
4. 宅地・建物についての税法
5. 宅地・建物についての需給法令・実務
6. 宅地・建物の価格についての評定
7. 宅地建物取引業・関連法令
受験地 居住している都道府県の指定された試験会場
受験日程 10月第3日曜日
受験料 7,000円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)不動産適正取引推進機構試験部 03-3435-8181
合格発表日 12月上旬
コメント 宅建は、不動産業界で働く者には重要ま資格である。不動産取引を業として行う場合必要な資格で、契約の代理、媒体、交換から売買までその業務は幅広い。
宅地建物取引業者は、その従業員数に応じた主任者を置くことが定められていて、そのため資格をもっていると優遇される。不動産関係の仕事に就くのなら、持っていると当然有利になる資格だ。
資格の人気は高く、合格率も10~20パーセント。だが、しっかり学習すれば、合格は夢ではない。
関連ホームページ (財)不動産適正取引推進機構試験部
通信講座・通信教育・専門学校の無料資料請求
こちら
>>>  【ダイエックス】宅建
備考2



資格取得の道は資料請求から