第1種圧力容器取扱作業主任者の受験概要

第1種圧力容器取扱作業主任者
受験資格 ●普通第1種圧力容器取扱作業主任者・・・・制限なし

●化学設備関係第1種圧力容器取扱作業主任者・・・・化学設備関係の実務経験、5年以上の者。
受験内容 ※普通第1種は2日間の日程、化学設備関係は3日間の日程で講習が行われます。
1. 構造知識
2. 取扱い知識
3. 法規
4. 危険物及び化学反応に関する知識
5. 修了考査 

(最終日に修了考査があります。)
受験地 各近隣の協会のにて受講。詳しくは、ホームページをご覧ください。
受験日程 地域ごとに異なりますので、受講申込・問合せ先まで、お問合せ願います。
受験料 ●普通第1種圧力容器取扱作業主任者・・・・11,000円(地域により異なります。)

●化学設備関係第1種圧力容器取扱作業主任者・・・・17,000円程度(地域により異なります。)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (社)日本ボイラ協会 東京支部 03-3451-1720

各都道府県労働局、労働基準監督署、各登録教習期間
合格発表日 受講申込・問合せ先まで、お問合せ願います。
コメント 第一種圧力容器とは、大きさなど規模によって区分されるもので、適用外容器、簡易容器、小型圧力容器などをさす。危険度に応じて段階的に規制が厳しくり、それらを扱うためには資格が必要になる。
関連ホームページ (社)日本ボイラ協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から