発破技士の受験概要

発破技士
受験資格 1. 大学、高専、高校で応用化学、採鉱学、土木工事の学科専攻して卒業し、卒業後3ヶ月以上
発破業務についての実地修習を受けた者
2. 発破の補助作業業務に6ヶ月以上の職務経験者。
3. 労働大臣が定める発破実技講習の修了者
受験内容 1. 火薬知識
2. 火薬類の取扱
3. 発破の方法

※導火線発破技士又は電気発破技士の免許証を有する者は、1.2.が免除されます。
受験地 受験申込・問合せ先の管轄住所のセンターで受験。
受験日程 受験申込・問合せ先までお問合せ願います。
受験料 8,300円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)安全衛生技術試験本部 03-5275-1088

北海道安全衛生技術センター 0123-34-1171

東北安全衛生技術センター 0223-23-3181

関東安全衛生技術センター 0436-75-1141

中部安全衛生技術センター 0562-33-1161

近畿安全衛生技術センター 0794-38-8481

中国四国安全衛生技術センター0849-54-4661

九州安全衛生技術センター0942-43-3381
合格発表日 受験申込・問合せ先までお問合せ願います。
コメント 発破技士は、砕石現場などで火薬類を取り扱うために必要な資格だ。火薬類は、その取り扱いを間違うと、当然大きな爆発事故につながる可能性がある。それは時として人名を奪いかねない重大な事故にもなりえる。発破技士はそういった火薬における事故が起こらないように安全に作業を進めるための資格である。
試験は毎年2回行われ、合格率は8割前後。
関連ホームページ ?(社)安全衛生技術試験協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から