配電制御システム検査技士の受験概要

配電制御システム検査技士
受験資格 級により細かく実務経験などが規定されています。詳しくはホームページをご覧下さい。
受験内容 1. 筆記試験
①配電盤、②配電盤・制御盤組立法、③配電盤・制御盤および関連機器の試験法、
④故障の原因および対策、⑤関連機器の設定、⑥外観構造検査、⑦各種試験、
⑧電気・電子および磁気の基礎理論、⑨電気機器等の制御方法および保護方式、
⑩関係企画および法規、⑪材料、⑫品質管理、⑬安全衛生

2. 実技試験・・・・配電盤・制御盤検査作業
受験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡
受験日程 10月中旬頃
受験料 学科・・・・5,250円
実技・・・・26,250円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) ?(社)日本配電盤工業会 03-3436-5510
合格発表日 ?12月頃
コメント 配電盤や制御版の専門家として、複雑化、多様化する配電制御システムに対応しながら品質保証のリーダーとして業務に従事する。製造物の賠償責任への見方が変わってきている昨今、その需要は高く、今後も活躍が期待されている。
関連ホームページ ?(社)日本配電盤工業会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から