海上無線通信士(3級)の受験概要

海上無線通信士(3級)
受験資格 ?制限なし
受験内容 1. 英語
2. 無線工学
3. 法規
4. 電気通信術(実技)
受験地 東京、札幌、仙台、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇
受験日程 3月、9月(2回)
受験料 8,880円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) (財)日本無線協会 03-3533-6022

北海道支部 011-816-2270

東北支部 022-221-4146

信越支部 026-234-1377

北陸支部 0762-22-7121

東海支部 052-951-2589

近畿支部 06-6942-0420

中国支部 082-227-5253

四国支部 089-946-4431

九州支部 096-356-7902

沖縄支部 098-831-9001
合格発表日 ?受験申込・問合せ先まで、お問合せください。
コメント 海上で働く漁船、船員の安全を助けることが職務。1級~4級まであり、1~3級の資格者は、世界的に使われている海上遭難安全システムに対応する資格として船舶に施設する海岸局や無線航海局の無線設備の操作ができる。
3級は無線設備の外部の転換装置で、電波の質に影響がないものを技術操作できる。
関連ホームページ ?(財)日本無線協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から