学芸員・学芸員補の受験概要

学芸員・学芸員補
受験資格 ●学芸員補・・・・大学に入学することができる者は学芸員補となる資格があります。

※博物館等の採用試験に合格し、学芸員補やそれに相当する職にある人を学芸員補と称します。


●学芸員試験・・・・試験認定と無試験認定の2種類の方法があります。
○試験認定
1. 学士号を有する者。
2. 大学に2年以上在籍し、62単位以上修得し、3年以上の実務経験者。
3. 教員普通免状有資格者で、3年以上教員としての実務経験者。
4. 5年以上、学芸員補であった者。
5. その他文部大臣が上記と同等以上の資格を有すると認めた者。

○無試験認定
1. 学位規則による修士または博士の学位を有する者。
2. 大学において博物館に関する科目に関し2年以上教授・助教授・講師の職にあった者。
3. 10年以上の学芸員補経験者で都道府県の教育委員会の推薦する者。
4. その他文部大臣が上記と同等以上の資格を有すると認めた者。
受験内容 ●筆記試験
◇必須科目
1. 生涯学習論
2. 博物館学
3. 視聴覚教育メディア論
4. 教育学概論
◇選択科目(以下の中から2科目選択)
1. 文化史
2. 美術史
3. 考古学
4. 民族学
5. 自然科学史
6. 物理
7. 化学
8. 生物学
9. 地学

●口述試験・・・・博物館学の中から出題
受験地 東京(国立教育政策研究所社会教育実践研究センター)
受験日程 ?11月中旬頃の2日間
受験料 各科目1,200円(試験認定)、3,700円(無試験認定)
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) 文部科学省生涯学習政策局社会教育課指導研修係 03-5253-4111
合格発表日 ?2月上旬頃
コメント 博物館(美術館や植物館を含む)に従事する専門職員を学芸員、それを補佐する職種を学芸員補という。主な職務は資料の収集、整理、展示、管理。また、利用者への説明や専門分野の研究なども行う。
資格は試験によって取得する。合格率は例年30~40%。
関連ホームページ 文部科学省
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から