情報処理検定(2級)の受験概要

情報処理検定(2級)
受験資格 制限なし
受験内容 ※受験言語をCOBOL、BASICから選択し受験します。
●1級~3級
1. コンピュータのハードウェアやソフトウェアに関する知識
2. プログラムの穴埋め、アルゴリズム
受験地 全国各地で実施
受験日程 1月第5日曜日又は、9月第5日曜日
(第5がない場合、9月は第4日曜日、1月は第3日曜日)
受験料 1,200円
受験申込・問合せ (電話はお掛け間違えない様お願致します。) ?全国商業高等学校協会 03-3357-7911
合格発表日 受験日より、1ヶ月以内
コメント 文部科学省が後援するコンピュータープログラムに関する検定。時代を担う技術者の育成が目的である。基本的に高校生が対象なので、難易度は全体的に高くはない。
2級は、プログラミング部門とビジネス部門を選択し、受験する。合格率はいずれも45パーセント程度。
関連ホームページ ?全国商業高等学校協会
備考1
備考2



資格取得の道は資料請求から